BRUSSELS DAYS

What are the Brussels Days?

The Brussels Days are set up as a promotion event to show the world what Brussels has to offer. This event has the goal to promote a wide range of aspects of the Brussels-Capital Region : its touristic location, its history, its economy and its relationships with the world.

The aim of the Brussels-Capital Region is to strengthen its position on the international stage, make optimum use of its economic potential, demonstrate or confirm its talents and know-how, highlight its cultural riches and its way of living. Brussels is a city that dares to tackle its ambitions and design large-scale projects.

The Brussels Days are organized since 2006 as a collaboration between visit.brussels, Brussels International and Brussels Invest & Export who invite various stakeholders to participate in the different activities.

Each of the Brussels partners will be responsible for the domain of their expertise:

  • visit.brussels is responsible for attracting visitors to Brussels (MICE & leisure); next to that they play an important role to promote the image of the Capital of Europe abroad.
  • Brussels International deals with the public and political relations of the Region, next to that they also play an important role in defending the image of the Region.
  • Brussels Invest & Export is responsible for the trade promotion and attracting foreign investors.

The Brussels Days normally consist of seminars on different themes such as leisure tourism, meeting industry, investment, fashion, design... Next to that and according to the chosen focus, additional activities are scheduled (ex. temporary expositions, presentations, seminars...). Through the organization of the Brussels Days, networking opportunities at the highest level with companies and local authorities are created.

Why Tokyo?

After Milan, Madrid, New York, Paris, Berlin, Amsterdam, London, Washington DC, Beijing and Milan it is Tokyo which will in 2016 be the destination of the eleventh edition of the Brussels Days.

  • 150 years of diplomatic relations between Belgium and Japan in 2016
  • Inauguration of the direct flight between Brussels and Tokyo (25/10/2015)
  • Increasing interest for the creative industries in Japan and Tokyo's desire to become a hub for these industries.
  • The design of the Brussels Flower Carpet will be Japanese this year. To give a special radiance to the anniversary and to the Brussels Days, an Art Nouveau Flower Carpet will be created in the Japanese capital.

ブリュッセル・デイズとは

ブリュッセル・デイズは、ブリュッセルが提供できることを世界の皆様に知っていただくためのプロモーションイベントです。観光スポットや歴史、経済、国際関係など、ブリュッセル首都地域について幅広く宣伝することを目的としています。

ブリュッセル首都地域が目指すのは、国際舞台での位置付けの強化、経済力の最適な活用、その潜在能力とノウハウの立証と確認、そして豊かな文化と生活の強調です。ブリュッセルはあえてそうした目標に取り組み、大規模なプロジェクトを計画しています。
ブリュッセル・デイズは2006年から開催されており、ブリュッセル観光局、ブラッセル・インターナショナルおよびブリュッセル首都圏政府貿易投資局との共催により、さまざまな利害関係者が各種アクティビティーに招待され、参加しています。

ブリュッセルの各パートナーはそれぞれの専門分野を担当します。

  • ブリュッセル観光局 (visit.brussels) はビジネスやレジャーでブリュッセルを訪れる人々に、その魅力を伝えます。また、ヨーロッパの首都というイメージを海外に伝える重要な役割も果たします。
  • ブラッセル・インターナショナル (Brussels International) は、この地域の政治的関係や渉外を扱い、この他に地域のイメージを守るという役割も果たします。
  • ブリュッセル首都圏政府貿易投資局 (Brussels Invest & Export) は貿易振興と、外国人投資家へのアピールを担当しています。

ブリュッセル・デイズは通常、レジャーツーリズム、コンベンション業界、投資、ファッション、デザインなどさまざまテーマに関するセミナーで構成されています。この他にも選択的にフォーカスして、追加アクティビティー(展示会やプレゼンテーション、セミナーなど)を計画します。ブリュッセル・デイズの開催を通じて、企業や自治体とハイレベルなネットワークを築く機会が得られます。

東京で開催する理由

ブリュッセル・デイズはこれまでに、ミラノ、マドリッド、ニューヨーク、パリ、ベルリン、アムステルダム、ロンドン、ワシントンDC、北京、ミラノという順に開催しており、2016年の11回目の開催地が東京です。

  • ベルギーと日本は2016年に国交樹立150週年を迎えます。
  • ブリュッセル・東京間の直行便が、2015年10月25日に新規就航を開始します。
  • 日本のクリエイティブ産業への関心がますます高まっており、東京はその分野のハブ的存在になることを目指しています。
  • 今年のブリュッセル・フラワー・カーペットのテーマは日本です。節目となる記念の年とブリュッセル・デイズに輝かしい雰囲気を演出するため、日本の首都にアールヌーボーのフラワーカーペットを制作する予定です。